2014 August
NPO法人 ボルネオ保全トラスト・ジャパン
Donated ¥101,920

2014_august01

今回は皆様より温かいご寄付をいただきまして、本当にありがとうございました。GIFTHOPE様を通じていただきました温かいご支援金は、BCTJが建設・運用する「野生生物レスキューセンター」の運営資金として大切に使わせていただきます。
広範囲の熱帯雨林を伐採して急速にアブラヤシのプランテーション開発が進められたため、移動範囲が狭まったボルネオゾウはプランテーションに入り込むようになってしまいました。アブラヤシを食べるボルネオゾウは現地では農民に大きな被害をもたらす「害獣」扱いです。日本でシカやイノシシが畑を荒らすのと同じ構造が、熱帯雨林の奥地でも広がっているのです。この地域のプランテーションで作られるパーム油の多くは日本にも輸入され、食用や洗剤など様々なかたちで私たち日本人の生活を支えています。
私たちは責任ある消費者として、現地の動物と環境を守るための行動を起こさなければなりません。野生生物レスキューセンターの運用は、この地域で人間と動物が共に生きていくための大きな前進になるはずです。
ありがとうございました。今後とも末長いご支援を宜しくお願い致します。
ボルネオ保全トラスト・ジャパン
理事兼事務局長 青木崇史

2014_august02
2014_august03
2014_august04
2014_august05

NPO法人「ボルネオ保全トラスト・ジャパン」:マレーシアのボルネオ島は生物多様性の宝庫として知られていますが、アブラヤシプランテーションの拡大により、広大な面積の熱帯雨林が失われました。森が減り野生生物の生息域は分断化、狭小化したため、絶滅の危機が迫っています。アブラヤシから採取されるパーム油は食用や洗剤、バイオ燃料などに使われ、日本人の生活にも深く関わります。当法人の緑の回廊プロジェクトは分断化された森と森を繋げて野生生物の生息域を確保する活動で、Tシャツ1枚の購入が4畳分の森の購入に繋がります。ボルネオ島の自然環境と生物多様性を守る活動の応援をよろしくお願いします。
http://www.bctj.jp
 
 
 
 

PARTICIPATING DESIGNERS
★ デザイン料も寄付された方 [ ]個別販売枚数
合計販売枚数105枚
 
★ AYAKO KASHIWAKURA JAPAN [26]
NORIAKI SUZUKI JAPAN [20]
RYOKO FUJII JAPAN [13]
★ KEISUKE YOSHIKANE JAPAN [10]
SHIGEKI TAKANO JAPAN [9]
TAKURO ENOMOTO JAPAN [6]
HIROSHI SAITO JAPAN [6]
★ TATSUKI IKEZAWA JAPAN [5]
★ KEN OKAMURO JAPAN [4]
★ KOICHI KOSUGI JAPAN [2]
RYOTA SAKAE JAPAN [2]
★ KAZUSHI TANIICHI JAPAN [1]
★ NAONORI YAGO JAPAN [1]
TSUYOSHI MIURA JAPAN
MICHIKA GOTO JAPAN
KASUMI MIYAZAWA JAPAN
YURIKO MATSUO JAPAN
 
Thank You For Your Cooporation!!