2014 July
NPO法人 桜ライン311
Donated ¥131,880

2014_july01

私たち桜ライン311は2011年3月11日に発生した東日本大震災を背景として生まれました。岩手県陸前高田市は津波により震災関連死を含め、約2200名の命が失われてしまいました。同じ事を繰り返さないために後世に震災を伝えていきたい。そんな想いで陸前高田市の「津波の最大到達地点」に桜を植えています。そして東日本大震災の教訓を全国に皆さまにもお伝えすることで、災害による悲劇を回避したいと思い啓発活動を続けています。
この活動は住民の皆さまや陸前高田市と共に進んでいくもの。非常に長い時間が必要で、植樹している桜は最大で樹齢300年を超える品種です。東日本大震災をきっかけにはしていますが、私たちの活動がゆくゆくは陸前高田の財産になり得るように、陸前高田市住民の皆さま、そして全国の皆さまと活動を続けていきます。
桜の植樹に必要な費用は一本あたり約5,000円。今回のご寄附にて約26本の桜を陸前高田市に植える事が出来ます。私たちの趣旨を理解しデザインしてくれたデザイナーの皆さま、そしてご購入頂いた皆さまに厚く御礼申し上げます。購入頂いたTシャツを着て頂き、是非植樹会にもご参加頂ければ幸いです。
NPO法人 桜ライン311
代表理事 岡本翔馬

2014_july02
2014_july03
2014_july04
2014_july05
2014_july06

NPO法人「桜ライン311」:岩手県陸前高田市内の津波到達点を後世に残すために、17000本の桜を10m間隔で植えて、170kmにも及ぶ防災ラインを作る活動が「桜ライン311」です。美しい桜並木は市民に安らぎを与え、津波が襲ってきた際には、そこより高台に避難すれば安全である目印になります。津波到達点を人工物で作っても、やがて朽ち果て、忘れ去られてしまいます。桜なら数百年後でも、陸前高田を守り続けることができます。5000円の寄付で、一本の苗木を植えることができます。安全を後世に繋ぐ、壮大な桜ラインをみなさんの応援で実現させましょう。
http://sakura-line311.org
 

PARTICIPATING DESIGNERS
★ デザイン料も寄付された方 [ ]個別販売枚数
合計販売枚数131枚
 
★ HIDEKI MATSUOKA JAPAN [22]
NARUKI TAKEMURA JAPAN [19]
HITOSHI OGASAWARA JAPAN [17]
★ HIDEYUKI FUJIMOTO JAPAN [15]
★ SHIGEKI TAKANO JAPAN [13]
★ LAGUNA TANABE JAPAN [13]
CHIEKO WATANABE JAPAN [11]
YUKIKO MEGURO JAPAN [8]
SATSUKI ASAHINA JAPAN [8]
★ MICHIKA GOTO JAPAN [8]
 
SAKURA FUJIWARA & YUKA NISHIDA JAPAN
SAYURI CHIBA JAPAN
TAKERU OIKAWA JAPAN
FUSAO OKAGUCHI JAPAN
KOTA IWASAKI JAPAN
SHOMA ORIME JAPAN
TOMOYA HIKAGENO JAPAN
ERI HAYAKAWA JAPAN
KAORI MORITA JAPAN
SAKI SAWAGUCHI JAPAN
HARUKA ISHIKAWA JAPAN
NATSUMIKO YOSHINO JAPAN
SHIORI FUJISAWA JAPAN
RISA TAKAHASHI JAPAN
SATOMI KOJIMA JAPAN
 
Thank You For Your Cooporation!!