What’s GIFTHOPE?

GIFTHOPE(ギフトホープ)はデザインの力を使った、新しい寄付のカタチです。デザインを購入したり、投稿することによって、誰でも簡単に社会貢献に参加できるシステムです。デザインを購入して身につけることは寄付を生むだけでなく、支援先の活動を理解しながら社会に広げることに繋がります。デザインを投稿することは、さまざまな社会問題を知るきっかけとなり、チャリティ販売により寄付が生まれ、クリエイティブな職能を活かした社会貢献に参加できます。3ヶ月ごとに開催されるLUNCH MEETINGでは、仲間が実際に出会い、楽しく語り合うことでソーシャルデザインへの理解を深めることを行なっています。私たちはデザインを核とした、新しいカタチのコミュニティを目指しています。
GIFTHOPEでは、2014年1月にNPOへの寄付プロジェクトをスタートさせました。2015年6月までに約2,200枚のチャリティTシャツを購入していただき、16のNPO団体に合計約230万円の寄付を行ないました。2015年7月より、さらに多くの社会貢献を生み出すために、寄付プロジェクトを3つに拡大いたしました。

NPO Support Project

あなたのデザイン投稿が笑顔を生み出し世界をちょっぴり良くします。社会には無名でも素晴らしい活動を行なっているNPOがたくさんあります。そうしたNPOの活動をサイト上で紹介することにより、世界中のクリエーターからデザインを投稿していただき、投稿されたデザインをTシャツにしてチャリティ販売します。販売価格の30%がNPOに寄付、10%がデザインを投稿したクリエーターに支払われます。[1]毎月支援先のNPOを1つ選びサイト上で紹介します。[2]世界中のクリエーターに、NPOの活動イメージをTシャツのデザインにして投稿してもらいます。[3]投稿されたデザインは、全てTシャツに製品化されてサイトにUPします。[4]翌々月にサイト上で1ヶ月限定のチャリティ販売を行います。[5]販売価格の30%がNPOに寄付され、10%がクリエーターにデザイン料として支払われます。(デザイン料も寄付されると最大40%の寄付になります。)

Handicapped Artists Support Project

GIFTHOPEでは毎月違うハンディキャップアーティストの絵を使ったデザインのTシャツをチャリティ販売します。販売価格の30%(900円)がArtbilityに寄付されます。寄付の60%が作家に手渡され、40%が作家を支援する活動費となります。Artbility(アートビリティ)は、障がい者の自立支援を行なっている社会福祉法人東京コロニーが運営しています。アートの分野でも彼らの持っている才能を活かし、収入に結びつけることを目的として1986年に活動を開始しました。2ヶ月に1度開催される審査会で選ばれたものだけが登録作品となります。毎回全国から100~200点もの応募があり、登録作品として選ばれるのは約10%の作品しかありません。現在200人の登録作家、約4000点の作品を保有する堂々たるアートライブラリーです。しかし、まだArtbilityの存在や作家の魅力が十分に社会に伝わっていません。GIFTHOPEではTシャツのデザインを通して作家の魅力を知っていただき、チャリティ販売で生まれた寄付により、Artbilityの活動支援を行います。

100 Artists Organic Cotton Project

世界的に活躍する100名のアーティストが、ボランティアでオーガニック・コットン製のTシャツに、個性的なデザインを提供してくださいました。Tシャツが2枚売れるごとに(1枚につき500円の寄付)抗がん剤治療によって頭髪が抜けた患者さんに、肌に優しいオーガニック・コットン製の帽子が1枚プレゼントされます。帽子はプロジェクトのオリジナルデザインです。「社会福祉法人ともに福祉会」(知的障がい者通所授産施設)を有する(株)特殊衣料がデザインを手掛け、東北グランマ(=お母さん)により丁寧に製作されています。JOCAとは、1993年より活動を開始。2000年に特定非営利活動法人(NPO)日本オーガニック・コットン協会として設立しました。消費者に信頼できるオーガニック・コットン製品の啓蒙普及に全力を挙げています。JOCAはオーガニック・コットンの生産量を10%に増やすこと、その地球にやさしい製造法やリサイクルシステムの普及をめざしています。地球環境の保全に貢献する活動を積極的に行い、より綺麗な地球を子どもたちに残していくことをミッションとしています。